本ページはプロモーションが含まれています

パサつき髪にさようなら!原因と対策

パサつき髪にさようなら 原因と対策

髪がパサパサで、まとまりがなくて悩んでる? シャンプーやトリートメントをいろいろ試しても、なかなか改善しない…  そんなあなたに、朗報です! パサつき髪には、実は意外な原因が隠れているんです。今日は、その原因と、パサつき髪を改善する方法をご紹介!たったこれだけで、髪がまとまってツヤツヤに!

目次

なぜ髪がパサつくの?

髪のパサつきは、多くの女性が悩む美容のひとつです。パサついた髪は、まとまりがなく、ツヤも感じられず、見た目にも良くありません。

では、髪がパサつく原因はどこにあるのでしょうか?

その答えは、髪の表面を覆う「キューティクル」にあります。キューティクルは、髪の表面をうろこ状に覆う薄い膜のことで、髪のツヤや強度を保つ役割を担っています。

しかし、何らかの原因でキューティクルが傷むと、髪の表面が凸凹になり、ツヤやまとまりが失われ、パサつきや傷みが目立つようになります。

キューティクルを傷める原因としては、以下のようなことが挙げられます。

シャンプーやトリートメントの洗浄力が強すぎる
ドライヤーの熱風を直接当てる
・ブラッシングやコーミングを強くする
・紫外線や乾燥などの外的刺激
・カラーリングやパーマ
・頭皮の乾燥や炎症

キューティクルを傷めないようにするには、以下のことに気をつけましょう。

シャンプーやトリートメントは、洗浄力が強すぎないものを選ぶ
ドライヤーは、髪から離して使う
・ブラッシングやコーミングは、優しく行う
・紫外線や乾燥から髪を守る
・カラーリングやパーマは、頻度を減らす
・頭皮のケアを怠らない

また、頭皮環境が乱れている場合にも、髪のパサつきが起こりやすくなります。頭皮が乾燥していると、髪の成長に必要な栄養が十分に行き渡らず、健康な髪が育ちにくくなるからです。

頭皮のケアには、シャンプーやトリートメントに加えて、頭皮マッサージや頭皮用美容液の使用が効果的です。

髪のパサつきを防ぐためには、キューティクルを傷めないようにすることと、頭皮環境を整えることが大切です。普段のヘアケアや生活習慣を見直して、ツヤのある美しい髪を目指しましょう。

髪がパサつく原因

それでは、髪のパサつきにつながる具体的な原因を、ここで見ていきましょう。

パサつき髪の原因:摩擦

髪のパサつきの原因は、大きく分けて2つあります。1つは、キューティクルの傷みによるものです。キューティクルは、髪の表面を覆う薄い膜で、髪のツヤや強度を保つ役割を担っています。

キューティクルが傷む原因のひとつは、髪同士の摩擦です。髪同士がこすれ合うことで、キューティクルがはがれてしまい、髪の表面が凸凹になり、パサつきや傷みが目立つようになります。

特に、髪に摩擦が起きやすいのは、次のような場合です。

シャンプーやトリートメントの際に、髪同士をこすり合わせる
タオルドライで髪をこすり拭く
・ドライヤーの熱風を髪に直接当てる
・ブラッシングやコーミングを強くする

これらの行為を避けることで、髪への摩擦を減らし、パサつきを防ぐことができます。

シャンプーやトリートメントの際には、髪をこすり合わせないように、指の腹を使って優しく洗いましょう。タオルドライの際にも、髪をこすり拭かないように、優しく水気を吸い取ってください。ドライヤーの熱風は、髪から20cm以上離して当てるようにしましょう。ブラッシングやコーミングをする際にも、力を入れすぎず、優しく行いましょう。

また、髪が乾いた状態でも、髪同士が絡まりやすくなったり、静電気が発生したりすることで、摩擦が起きやすくなります。髪が乾いたら、ヘアオイルやヘアミルクなどのアウトバストリートメントで髪をなじませて、まとまりを良くしておきましょう。

2つ目の原因は、頭皮環境の乱れによるものです。頭皮が乾燥していると、髪の成長に必要な栄養が十分に行き渡らず、健康な髪が育ちにくくなります。また、頭皮に炎症が起きていると、髪の成長が阻害されることもあります。頭皮環境を整えるためには、シャンプーやトリートメントで頭皮を清潔に保ち、頭皮マッサージなどで血行を促進することが大切です。また、紫外線や乾燥などの外的刺激から頭皮を守ることも大切です。

髪のパサつきの原因:熱ダメージ

髪のパサつきは、キューティクルの傷みによって引き起こされます。キューティクルは、髪の表面を覆う薄い膜で、髪のツヤや強度を保つ役割を担っています。

熱は、キューティクルにダメージを与える原因のひとつです。髪の主成分であるたんぱく質は、乾いた状態で180℃、湿った状態で130℃程度から変性を起こしてしまい、髪にダメージを与えてしまいます。

ドライヤーやヘアアイロンなどの熱を使うヘアケアは、髪のパサつきの原因となるため、注意が必要です。

ドライヤー

ドライヤーの使い方には、以下の点に注意しましょう。

髪から20cm以上離して当てる
髪の流れに沿って当てる
・長時間の使用を控える

ドライヤーを髪に近づけすぎると、熱が集中して髪にダメージを与えてしまいます。また、髪の流れに逆らって当てると、キューティクルがめくれ上がり、パサつきの原因になります。

ヘアアイロン

ヘアアイロンの使い方には、以下の点に注意しましょう。

150℃程度の低い温度で使う
髪に長時間当てない
・髪が完全に乾いた状態で使う

ヘアアイロンの温度が高すぎると、髪にダメージを与えてしまいます。また、髪に長時間当てると、髪の内部のタンパク質が変性し、パサつきの原因になります。

髪のパサつきを防ぐには

髪のパサつきを防ぐためには、ドライヤーやヘアアイロンの使い方に注意するだけでなく、以下の点も心がけましょう。

シャンプーやトリートメントで髪をしっかり洗い、保湿する
紫外線や乾燥などの外的刺激から髪を守る

髪の健康を保つことで、パサつきを防ぐことができます。

髪のパサつきを招く自然乾燥

髪のパサつきの原因は、キューティクルの傷みによるものです。キューティクルは、髪の表面を覆う薄い膜で、髪のツヤや強度を保つ役割を担っています。

キューティクルは、髪が濡れていると開いた状態になります。その状態で、自然乾燥をすると、髪の水分や栄養分がどんどんと流出してしまい、キューティクルの傷みが進行します。

また、キューティクルが開いた状態で、髪を枕やタオルに押し当てると、大きな摩擦が起こり、さらにキューティクルが傷んでしまいます。

自然乾燥によるパサつきを防ぐには

自然乾燥によるパサつきを防ぐためには、以下の方法があります。

  • ドライヤーで髪を乾かす
  • タオルドライをする際は、髪をこすらず、水分を吸い取るようにする
  • 寝る前に髪を乾かして寝る

ドライヤーの使い方のポイント

ドライヤーで髪を乾かす際は、以下のポイントに注意しましょう。

  • 髪から20cm以上離して当てる
  • 髪の流れに沿って当てる
  • 長時間の使用を控える

タオルドライのポイント

タオルドライをする際は、以下のポイントに注意しましょう。

  • 髪を軽く押さえるようにして、水分を吸い取る
  • 髪をこすらないようにする

寝る前の髪の乾かし方

寝る前に髪を乾かして寝ることで、キューティクルが開いた状態での摩擦を防ぐことができます。

パサつきを招くパーマとヘアカラー

パーマやヘアカラーは、髪のおしゃれに欠かせないアイテムです。しかし、やりすぎると髪にダメージを与え、パサつきや傷みの原因になります。

パーマやヘアカラーは、髪の内部のタンパク質を変性させて、髪の形や色を変える技術です。そのため、髪のダメージは避けられません。

パーマによるダメージ

パーマは、髪に薬剤を浸透させて、髪の形を変化させる技術です。薬剤は、髪の内部のタンパク質を変性させて、髪の形を固定します。

このとき、髪の内部のタンパク質が損傷し、髪の強度が低下します。また、キューティクルがめくれ上がり、髪の表面が凸凹になり、パサつきや傷みが目立つようになります。

ヘアカラーによるダメージ

ヘアカラーは、髪に色素を浸透させて、髪の色を変える技術です。色素は、髪の内部のタンパク質と結合して、髪の色を固定します。

このとき、髪の内部のタンパク質が損傷し、髪の強度が低下します。また、キューティクルがめくれ上がり、髪の表面が凸凹になり、パサつきや傷みが目立つようになります。

パサつきを防ぐには

パーマやヘアカラーによるパサつきを防ぐには、以下の方法があります。

  • パーマやヘアカラーの頻度を減らす
  • パーマやヘアカラーをする前に、髪のケアをしっかり行う
  • パーマやヘアカラーをした後は、トリートメントやヘアオイルで髪を保湿する

紫外線でパサつく髪

髪のパサつきの原因は、主にキューティクルの傷みによるものです。キューティクルは、髪の表面を覆う薄い膜で、髪のツヤや強度を保つ役割を担っています。

紫外線は、髪のタンパク質を変性させ、キューティクルを傷める原因となります。そのため、髪のダメージや乾燥が進み、パサついてしまうのです。

紫外線による髪へのダメージ

紫外線は、髪の内部のタンパク質を変性させます。この変性によって、髪の強度が低下し、切れやすくなります。また、キューティクルがめくれ上がり、髪の表面が凸凹になり、パサつきや傷みが目立つようになります。

紫外線によるダメージを防ぐには

紫外線によるダメージを防ぐためには、以下の方法があります。

  • 日差しの強い日は、帽子やサングラスなどで髪を守る
  • 日焼け止めを塗る
  • 紫外線カット効果のあるシャンプーやコンディショナーを使う

毎日のお手入れで髪のパサつきを防ぐ

髪のパサつきを防ぐためにシャンプー選びも大事です!

保湿力のあるシャンプーを使う!

シャンプーを変えてみるのも対策の一つ!

保湿力のあるシャンプーとは、髪や頭皮にうるおいを与える保湿成分がたっぷり配合されているシャンプーです。 保湿成分には、以下のような種類があります。

コラーゲン
ヒアルロン酸
・セラミド
・アミノ酸
・植物エキス
・オイル

これらの保湿成分が髪や頭皮に水分を抱え込み、パサつきや乾燥を防ぎます。

保湿力のあるシャンプーを選ぶ際には、以下のポイントを押さえるとよいでしょう。

洗浄成分

保湿力のあるシャンプーには、アミノ酸系やベタイン系の洗浄成分が配合されていることが多いです。 これらの洗浄成分は、髪や頭皮への負担が少なく、しっとりとした仕上がりが特徴です。

保湿成分

保湿成分の種類や含有量は、シャンプーによって異なります。 自分に合った保湿成分のシャンプーを選ぶとよいでしょう。

香り

シャンプーは、毎日使うものなので、香りも重要なポイントです。 好みの香りのシャンプーを選びましょう。

保湿力のあるシャンプーを使うことで、髪や頭皮の乾燥を防ぎ、しっとりとしたツヤ髪を目指すことができます。

髪のパサつきを防ぐためには、キューティクルの傷みと頭皮環境の乱れ、この2つの原因を抑えることが大切です。普段のヘアケアや生活習慣を見直して、パサつきのない美しい髪を目指しましょう。



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

健康情報メディア「Health-Up.club」の運営者。
健康に関する情報をわかりやすく発信することをモットーに、自身の経験や知識を活かして記事を執筆しています。

私は、健康に関する情報を発信することで、多くの人が健康に生きられる社会を実現したいと思っています。
自分自身も、健康に悩んだ経験があり、その経験から健康の大切さを実感しました。
そのため、健康に関する情報をわかりやすく発信することで、多くの人が健康に生きられるようにサポートしていきたいと思っています。

目次